お知らせ

2019.04.05

ISIグループ2019年度入社式

ISIグループは、4月1日、2019年度入社式を実施しました。
本年度は教員職の6名がISIグループの新しい仲間に加わりました。

ISIグループ代表の荻野は、ISIグループの目指す姿を「一人ひとりの個性の融合がイノベーションを生み出し、新しい価値の創造が常に行われる企業」と語り、「失敗を恐れず挑戦し続けよう」と歓迎の言葉を贈りました。

続く辞令交付のあと、新入社員が各々今後の抱負や意気込みを述べ、社会人としての一歩を踏み出しました。

2019年度入社式 2019年度入社式

 

■ 荻野正昭代表挨拶要旨

本日入社した6名の皆さんを心から歓迎し、お祝いを申し上げます。

ISI は、1977 年に長野県上田市にて創立し、今年で 42 年目となります。現在は、『日本語教育事業、専門学校運営事業、大学運営事業、留学事業』を営んでいます。

ISI の大きな特徴は、理念にもある「グローバル人材を育成すること」です。
ISI の社会に対する貢献は、「人財の輩出」にあり、その DNA は、常にチャレンジを続けながら、社会の変化に対応し、自らも変化し続けることです。失敗しても挑戦を続けることが、結果的に企業の継続と成長につながると信じています。

一人ひとりの個性の融合がイノベーションを生み出し、新しい価値の創造が常に行われる企業、それが ISI が目指す姿です。是非とも、それを胸に、これから始まる社会人生活、ISI での学校経営の一員として、日々の業務に励んでいただきたくよろしくお願いいたします。

2019年度入社式

出席した役員や配属先の校長と並んで