世界をつなぐ、夢と人づくり。

ISIについて

災害時事業継続基本方針

ISIグローバル株式会社は、大地震、風水害等の災害やテロ、新型インフルエンザ等、予想される重大な危機の発生時において、人命を最優先させ、できる限りの社会的貢献を行うとともに、お客様からお預かりした資産及び情報の保全を図り、残存する能力で優先すべき業務を継続させ、可能な限り短時間で再開できるように準備・対応・取り決めを行い、当社取り扱い商品の安定供給及びサービスに努めます。

当社が事業継続を図る上での要点は以下のとおりです。
(1) お客様及び職員と家族等の人命の保護と安全を最優先とします。
(2) 地域社会と協力し防災と災害復興に努めます。
(3) お客様からお預かりした資産及び情報の保全を図ります。
(4) 災害発生時においても可能な限り事業継続を図ることによりお客様、職員、取引先等及びその他関係者への影響を最小化し、法人としての責務を果たすことに努めます。
(5) 災害発生時等を想定した事業継続体制の整備を行い、事業継続計画を策定し、行動マニュアル等の継続的改善に努めます。
(6) 新型インフルエンザ等のヒト‐ヒト感染発生時には、事業所を隔離し、継続業務以外に従事する従業員は在宅勤務へ移行する等、感染拡大阻止のため速やかに必要な処置をとります。
(7) 本方針の実行に当って必要な経営資源を投入します。

この基本方針に沿ってBCMを運用するにあたっては、全職員へその方針・規定された事項の遵守を周知徹底するとともに、ホームページ等にて公開致します。想定された危機が発生した場合は、速やかにBCPの実施を発令し、予め定められた運用体制のもと、各従業員が担う役割を果たします。
また、当社内のみならず、各お取引先様が有事の際の事業継続対策に取り組まれることも、当社の事業継続上必要不可欠であることをご理解いただくよう努め、対策策定と的確な運用のご協力をいただきます。

制定:2020年3月1日

ISIグローバル株式会社
代表取締役社長 荻野 正昭